2008年05月31日

家族がいっしょにいること

ふたたび「こども部屋」ネタです。すみません、(笑) 

つい最近ですが、子ども部屋のことで嫁さんと話しをしてたんですね。で、その話の流れの中、新居に移ったら、オモチャを2階のこども部屋へ、みんなもっていってしまいたい、と嫁さんが言うんですね。つまり、早々と2階の子ども部屋で娘たちを遊ばせようと思っているようです。



で、私が猛烈に怒ったんですよ。



まだ私の子どもたちは4歳と2歳。まだまだ幼いときから、親と離して個室で遊ばせるなんて、早すぎる!! と。

2階で遊ばせるなんて、なんだか隔離するような気がしてならないんですね。(そう思いのは私だけかもしれませんが)。

やはり、親のもとで子どもたちが遊ぶことが大切なんじゃないかって思うんですよ。理由がうまくは言えないんですが、そう強く思うんですよ。

もしかしたら、オモチャの片付けを教えることもあるでしょうし、姉妹喧嘩をとめることもあるでしょう。そういった躾以上に、親と「いっしょの空間でいっしょにいる」ことがすごく大切なんじゃないかと、思えてしかたがないんですよ。

いずれは思春期がきて、「個」の世界をつくろうとするでしょう。それはそれで、仕方がないと思います。せめて、今だけでも家族がいっしょにいる時間を大切にしたいなって思うんですね。

だからリビングでは、家族がいっしょにいてほしいんです。できれば、用がないのに、ついついリビングへ行ってしまうような家にしたい。これは私の願望ですが・・・。

ちなみに休日になると、わが家では、ほとんどテレビを見ないんですね。私自身も、できる限り子どもたちといっしょに遊ぶことにしていますから、テレビを見ているヒマなんてない、というのが正確なところですが。せっかくの休日ですもん。家族の時間を大切にしたいですからね。

なんだか熱く語ってしまいましたね。それもとりとめのない話ばかりで。お恥ずかしい。きょうは、アホ父親の戯言として、聞き流してください・・・。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ

banner2.gif

ランキングに参加しています。
ポチッとしていただけますとうれしいです。





posted by naochan at 00:05| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月30日

可変する子ども部屋

今どきの子ども部屋って、どんなんでしょうか。家づくりの本や雑誌を見ていると、子どもの成長にあわせて可変していくのがいいと書いてありました。

この可変というのは、大きめのワンルームを用意して、子どもの成長にあわせて間仕切りをしていくというもの。

これを読んでいるときは、自分には関係ないなって思っていたんですね。というのも、私の場合は、姉と私、それぞれの子ども部屋をもらってましたから。子ども部屋=個室というのが当たり前じゃないか、と考えていたんですね。

だから、新しいわが家の間取りでは、2階の6畳×2を、それぞれ子ども部屋にする予定でした。でも、6畳って、やはり狭い。おまけにわが子(姉妹)は、二人とも寂しがり。

プランを進めていくうちに、同性だし、いっそのこといっしょの部屋でもいいんじゃないか、ということで計画を変更したんですね。

開放感のある12畳の子ども部屋って、いいかも!! もし、子どもたちが個室をほしがるようであければ、間仕切りをすればいいし。で、下の写真のように、ドアをふたつ設け、仕切り予定の位置に袖壁をつくりました。

Image009~09.jpg

ちなみに結婚した私の姉は、新築の家を建てたんですね。で、二人の子どもがいるのですが、やはり子ども部屋は、大きなワンルームにしていました。うえの子が高校生になるので、そろそろ間仕切りをするといってました。

もしかして、可変性のある子ども部屋プランって、フツーなんでしょうかね・・・。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ

banner2.gif

ランキングに参加しています。
ポチッとしていただけますとうれしいです。



posted by naochan at 00:42| Comment(5) | TrackBack(0) | 間取りプラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月29日

住宅雑誌の誘惑

よくスーパーや本屋さんの店頭などで置かれている無料情報誌ってありますよね。たまたま目にしたのが、コレ!!
Image009~08.jpg
「意外とみんな買っている 年収400万円でマイホーム」



あはは。まさに私のことだー!!




つい気になったので、特集記事に目を通してみました。すると、出だしにはこんな購入者アンケートからはじまっています。

[家を買ったときの手持ちの頭金は?]
(1) 1000万円以上・・・・・・・・44%
(2) 200万円未満・・・・・・・・・23%
(3) 200万円〜400万円未満・・・・10%
(4) 400万円〜600万円未満・・・・ 9%
(5) 600万円〜800万円未満・・・・ 8%
(6) 800万円〜1000万円未満・・・・6%


なんと、頭金200万円未満で家を買っているが多いこと!! 資金不足なのに、意外にも買っているんだー。

さらに読みすすめていくと、「頭金や購入時の諸費用までローンで借りられる場合も」とのタイトル。もちろん但し書きでは、頭金が価格の2割あるのが理想だと、注意しているけれど、こんなこと書いていいのかなー。

物件チラシで、よく「頭金0円でも購入可」なんて書いてあるけれど、ありゃよくないと思うんですよ。だって、建物の購入費だけじゃなく、いろんな諸費用がかかるからね。ぜったい頭金はあったほうがいいに決まってる。

で、次の内容が月々の返済額の目安について。理想は年収の20〜25%に抑えることだそうで、年収400万円なら毎月7〜8万円程度。まさに、わが家も同じ返済額です。

ちなみに今のアパートの家賃が7万円なんですね。で、毎月のローン返済が同額なら、いっそ家を買っちゃおうか、ってことになったワケでして。

この雑誌にも、私と同じような方の事例が載ってます。でも、気をつけないといけないことは、毎月の返済以外にも、固定資産税など、なんだかんだとお金がいるってこと。

だから、安直に家を買っちゃうと大変なことになるぞー。と、私が言える立場ではありませんが。(笑) それでも、ほしくなるのが「マイホーム」。やっかいな代物ですねー。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ

banner2.gif

ランキングに参加しています。
ポチッとしていただけますとうれしいです。



posted by naochan at 01:17| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月28日

ベッド派? 畳派?

世の中の人々は、どんな寝方してるんでしょうね。ほとんどの方々は、ベッド派なんでしょうかねー。わが家といえば、一家全員で和室に寝ています。敷き布団を畳のうえにひいて寝ているのですが、アパート暮らしになってからこのスタイルです。

私自身は、ふかふかのベッドに寝る習慣がないんですね。それは嫁さんも同じ。だから、畳の、堅い寝床のほうがいいみたいです。

なのに、新居では「ベッドにしようか」と話をしています。別に深い意味なんてないです。ただ、なんとなくです。(笑)

先日のファニチャードームで、ベッドも見てみたんですね。いろんなタイプがありましたが、どれも「狭い」ように見えたのは気のせいでしょうか。

今の布団では、夫婦ともに別々の布団に寝ているんですね。そのせいか、ダブルベッドだとしても、狭く感じられるんですよ。

さらに私自身が寝付きの悪い人でして。嫁さんだろうが、すぐとなりに人がいると、なかなか眠れないんですね。となると、ダブルベッドではなく、シングルベッドをふたつ並べることになる。

ん? でも、シングルベッドだとさらに狭くなるじゃん。おまけにシングルベッドをふたつも買うと、高くついてしまう・・・。

さらに、嫁さん曰く、「シングルの広さだと、落っこちちゃうよ」とのこと。寝相の悪い夫婦なので(笑)、シングルはきびしいかも。

嫁さんは、フローリングの上に畳をひいて、そのうえで寝たらって言うんですね。床のうえに、畳・・・・。

ちょうどファニチャードームで、床のうえにひく琉球畳があったっけ。1枚6000円弱くらいだったから、9枚くらいならべたら、約54000円。ベッドより安くすみそうだなぁ。

でも、そもそも床のうえに、畳ってありなの? それに、最初から寝室を和室にすりゃいいじゃん、と思ったりもするんですけど。

ベッドにするか、畳をひいて寝るか。まだ決める時期じゃないので、今後の宿題としておきましょうか。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

にほんブログ村 住まいブログへ

banner2.gif

ランキングに参加しています。
ポチッとしていただけますとうれしいです。



posted by naochan at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | インテリア関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月27日

あこがれのソファ

昨日でかけたファニチャードームへは、目的がカーテンの下見でした。でも、そのまま帰るのもなんなので、ぶらり見学をしてきました。

家具屋さんなので当然なのですが、いろんな家具がてんこもりです。いいなーと思うものは、うん十万円もしてため息ばかり。とてもわが家には、ムリムリ。ところがですね、ソファコーナーを見てて、あるものに惹かれたんですね。そ、それは・・・・、





「カウチソファ」ぴかぴか(新しい)





Image009~07.jpg
それがブツですぜ、ダンナ。


ふつうのソファと違って、カウチソファは寝そべることができる、なんとも魅惑的なものでした。私たち夫婦は、ぐうたら夫婦なので、座ってよりも寝っころがってテレビを見るのが好きなんですね。そんな私たちにピッタリじゃないですか!!




ためしにソファに寝てみますと・・・・。あ〜、いい気持ち。グッド(上向き矢印)





値段を見てみますと・・・・198000円!! あ〜、暗い気持ち。バッド(下向き矢印)




やっぱり高いなー。と、思いつつも、嫁さんに「これ、どう? どう?」と反応を見ましたがさりげなくかわされました。まあ、それはそれとして、カタログだけは手に入れて帰りました。

さっそく家で、例のソファ寸法をみてシミュレーションしてみました。すると・・・。





収まらね。




アップライトピアノを置いたら、このソファが入らない・・・・。ソファが大きいんだなー。(と、いうか、わが家の間口が狭いんだけれど) あーあ、残念。ちょうど無印良品にも、同じカウチソファがあったので、これもシミュレーションしてみると・・・・。




ピ、ピッタリ!!黒ハート




Image010~09.jpg
おそるべし、無印良品!!

おおーっ、これは神さまのイタズラか。ピアノの隣にジャストサイズで収まるじゃないですか。値段は115500円。んー。やっぱり、結構するなー。ちなみにソファカバーが布地なので、汚れたら困りそうです。それにすぐにヘタリそうだな。嫁さん嫌がるだろうな。

ということで、私の中で欲しいものリストに加わることになりました。ああ、また出費が・・・・。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

にほんブログ村 住まいブログへ

banner2.gif

ランキングに参加しています。
ポチッとしていただけますとうれしいです。



posted by naochan at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | インテリア関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月26日

カーテン下見

今日は、予定もないので愛知県稲沢市にあるファニチャードームへ行ってきました。ここは、デザインも、値段も、種類も、ほどよい家具屋さんです。

Image009~06.jpg
ファニチャードームは、このアピタタウンの中にあります。

東海エリアには、残念ながらIKEAがありません。北欧の小洒落デザインで、しかもリーズナブルな家具がそろっているIKEAがある地域が、ときどき、うらやましーなと思うのですが仕方ありません。

ところで、ヒマつぶしに行ったファニチャードームですが、目的がないこともなかったんですね。そろそろ、わが家につけるカーテンを考えようかなって思っていたこの頃。その下見のつもりでもあったんです。

Image012~00.jpg

カーテン売り場ですが、けっこう広かったですね。まずは、ぐるりと散策してみました。そこで気づいたのが、「カーテン見本貸出し」サービスがあること。

私のようなプロでもない人は、実際にかけてみてみないとわからないじゃないですか。これって意外にも、いいかもって思いますねー。でも、よくよく考えてみると、まだわが家は建ってないし・・・。残念ながら、活用できないかな。ちなみに、貸出しは無料です。

ところでカーテンですが、やっぱりオーダーになるのでしょうか? 窓サイズとか、よく把握してないからわからないんですが、規格サイズのものが使えるのかな・・・。これはしっかりと確かめておかないと。

規格サイズで買ったとしても、ここでは裾上げがなんと「無料」。他のカーテン屋さんでも、無料で裾上げしてくれるのかな? そこのところはよくわかりませんが、なかなかいいサービスですね。

ほんとならカーテンだけでなく、ソファの色など部屋全体のバランスをみたほうがいいんでしょうね。そういう意味では、インテリアコーディネイトのプロにお願いしたほうが、結果的にラクできるような気がします。

もちろんIホームから、カーテンの提案があります。それはそれとして、私たち独自路線で見ておくのもいいかと思っているんですね。そうすることで客観視できると思うし、結果的にIホームの提案をそのまま受け入れてもいいかなって。

こんなに苦労して決めたカーテンも、数年たてば劣化するんですよね。わが家のアパートのレースカーテンなんて、もうボロボロ。消耗品みたいなもんですね。なーんだかって思っちゃいますね。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

にほんブログ村 住まいブログへ

banner2.gif

ランキングに参加しています。
ポチッとしていただけますとうれしいです。




posted by naochan at 01:30| Comment(2) | TrackBack(0) | インテリア関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月25日

狭い土地

休みの日になると、なんとなく現地を立ち寄っていくクセがついちゃいました。私たちのアパートから現地までは10分もかからないんですよね。だから、気軽に立ち寄りやすいせいもあって。お買い物があるついでにとか、実家へいく途中でとか。ついつい現地を通るコースになるんですよ。

わが家の着工は、6月。だから当然、いまは更地のまま。いっても仕方ないのに、それでもいってしまうんですね。(笑)

嫁さんも、いっしょにいるんだけれど、なーんも文句をいわないし。(なんとなく気になっているのかなー)。ところで、ある日、現地で車を停め、眺めてみて嫁さんがポツリ・・・。




「うちの土地って、なんだか狭いね・・・・」



そうなんだよな。狭いってのは、わかっているんだけれど、改めて現地を見渡すと、すごく狭くみえちゃいます。おまけに土地が狭いから当然、お隣のお家も間近なんですよねー。

こんな狭い土地に家が建つことが不思議に思えてくるんですよ。おまけに、そこに私たち家族が住むんだもんなー。と、ヘンな感慨にふけってしまいました。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

にほんブログ村 住まいブログへ

banner2.gif

ランキングに参加しています。
ポチッとしていただけますとうれしいです。



posted by naochan at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月24日

自己責任について

Iホームの営業マンは、あくまで概算しか出さないんですよね。そんなこと知ってるよ、当たり前じゃん。と家づくりの先輩たちに言われそうですね。

でも、私はつい最近まで、それを完全に信用してました。で、ローンの手続きのために、諸費用の洗い出しをしていたら、営業マンの出してくれた項目、算出してくれた金額などがちがってたり、必要な項目がなかったり(たとえば、住宅取得税が入ってない)。

おいおい、そりゃねーだろう。ちゃんと見積もってくれなきゃ困るじゃん。と、思わくもない。うちの嫁さんも、「営業さん、大丈夫?」と心配してましたから。

でもね、私が思うに見積もりはあくまで見積もり。それも、「本体」にかかわるもので算出してくれたもの。それ以外の諸費用などは、やっぱり施主側できちんと資金計画をたてないといけないんじゃないかと。

確かに家を建てるのはHMだけれど、それはあくまで「本体」を建てるだけのこと。家を建てる主人公は、当然ながら「施主」なのですよね。つまり、責任・管理は、すべて施主にあるってこと。

ちなみに家づくりの本をみたら、こんなことが書いてありました。



諸費用は施工先以外に払う費用ですから、工事の見積もりには載りません。丁寧な施工先は参考費用をあげてくれることもありますが、基本的には自分で管理するものと考えましょう。



まあ、当然な話ですよね。今日は、そんな当たり前のことを書いてすみません。ただ、家づくりをはじめてから、「こうだったんだ!!」と実感したものですから。つい書きたくなってしまいました・・・。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

にほんブログ村 住まいブログへ

banner2.gif

ランキングに参加しています。
ポチッとしていただけますとうれしいです。




posted by naochan at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月23日

食洗器はいいな

おおおーーーっ。あけてびっくり! 食洗器に関するアドバイスがこんなにもあるなんて!! 私のブログにとって、かつてない書き込みの数です!! 私ごときのブログに、みなさまありがとうございます。感謝、感謝です!!

いま、帰宅して一段落ついて、これを書いています。(深夜12時) で、とうの嫁さんはというと・・・、もう夢の中です。

こんなにもアドバイスをいただいたことを伝えたかったのになー。それにしても、「食洗器をつける」派の方がこんなにいるとは・・・。やっぱり、便利そうですね。高い買い物ではありますが、つけたほうがよさそうですな。

正直、私自身は嫁さんから、食洗器の話があったときから、つけてもいいかなって思ってましたから。べつにつけることには異論はないんですよ。

あえていえば、据え置きタイプか、ビルドインタイプか。その選択が悩みどころかな。

でも、たぶん、うちの嫁さんはビルドインタイプがいいというでしょう。というのも、キッチン内で、やたらモノを置くスペースを気にしているんですね。たとえば洗った食器はどこに置いたらいいか、とか考えてましたもん。据え置きタイプだと、やはりスペースをとっちゃいますからねー。

いったい他に何を置くんだろって思ったりもしますが、基本的に使うのは嫁さんだし。まあ、嫁さんが納得するようにしてあげたいと思っております。

たぶん、ものを置くスペースにこだわるのは、いまのアパートのキッチンのせいだと思うんですよ。男の私でも使いにくい代物ですからね。

シンクは狭いし、洗った食器を置く場所はないし。まな板での調理なんて、キュークツそうでかわいそう。下の写真みてください。これが今のアパートのキッチン。おそろしく狭いでしょ?

Image009~05.jpg
デカ長!! これが現場っス。

それが「キッチンには、スペースがほしいっ!!」という、強い願望になっているのではないか・・・。なーんて、思ってます。



最後までお読みいただき、ありがとうございます。

にほんブログ村 住まいブログへ

banner2.gif

ランキングに参加しています。
ポチッとしていただけますとうれしいです。




posted by naochan at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | キッチン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月22日

食器洗浄機はいる?いらない?

きのう書きましたが、最近、うちの嫁さんが不穏なことを言い出しました。



「やっぱり、食洗機(食器洗浄機)、ほしいかも・・・」




おいおい、それって予算カットのために、やめたんじゃなかったっけ。でも、どうして考え直したん?




「将来、働きだしたら、(食洗機が)あると便利だと思うの・・・」




そーなんだよなー。家が建ったら住宅ローンはもちろん、子供たちの出費も多くなるはず。私の稼ぎでは、この先の家計がまちがいなく苦しくなる。そうなると、嫁さんに働いてもらわないと困ります。(働くことについては、嫁さんも同意してます)

そうなると家事が大変になるだろうし。せめて食器洗浄機だけでも、手助けになるかもしれません。ちなみに義母さんによると、家事とパートの兼用は、それはそれは大変だそうです。

せめて食器洗浄機でもあれば助かったのに・・・。そんなことを言ってたそうです。この言葉も嫁さんの背中をおしています。

一方で、分譲住宅を購入した友人の話では、食器洗浄機をつけたけれど、ほとんど使わず、食器置き場となっているって言ってました。ちなみに共働きです。

ネットを見ても、使う人もいればそうでない人もいます。私としては、導入してもいいだけど・・・・。15万円もするしなー。




「家事が大変になるなら、この際、入れてもいいよ」(と、私)




「そうだね。食器置き場としても使えるし・・・」(と、嫁さん)




ちょっとまってよ。15万円もかけて食器置き場はないでしょ。せっかくいれるなら、ちゃんと使ってほしいなー。まあ、先のことなので、導入しても使わない可能性もないこともないけど。

ちなみにネットでは、食器洗浄機について、こんなことが書いてありました。

洗うのは手のほうが早いけれど、そのぶん手間がはぶける。つまり、子ども達をお風呂に入れたりできる。今のは洗浄力が高いのでよっぽどの汚れ以外は大丈夫。ただし食べかすは捨てないと詰まる原因になる・・・・。

なるほど。ちょっと手間があるものの、やっぱり便利そうです。ところでランニングコストはどれくらいなんでしょう? あと、何年もつものなんでしょうかねー。


いずれにしても、またまた費用がアップしていくワケでして。
うーむ。まいったなー。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

にほんブログ村 住まいブログへ

banner2.gif

ランキングに参加しています。
ポチッとしていただけますとうれしいです。



posted by naochan at 03:00| Comment(10) | TrackBack(0) | キッチン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月21日

ふくれあがる費用

住宅ローンに申し込んだのはいいけれど、わが家の資金計画は大丈夫なのかな・・・。以前、変更してもらった見積もりは、まだ手元にきていないんですね。さらに、嫁さんが不穏なことをいいだしはじめて・・・。これについては、後日書こうと思います。

今日のところは、わが家の資金計画です。建物と土地にかかわるお金以外にも、手続きなどのお金が必要になってきます。これはどんな家づくりの本を読んでもかいてあること。ざっとピックアップしてみますと・・・。


確認申請
手付時印紙代
ローン事務手数料
ローン保証料
外構工事費用
土地所有権移転登記
融資契約印紙代
建物表示・保存
抵当権設定
火災保険10年



ざっと、こんな感じですね。これはIホームの営業マンが立てた見積もりの内容でもあります。土地改良工事がなくなったものの、外構工事費用がどれくらいかかるのか、わからないままです。(けっこう不安・・・)

で、ローンを組むということで、ちょっと真剣に資金計画の点検をしてみたんですね。つまり、これ以外にかかる費用って、どんなんだろって。すると、でるわでるわ。こんなにも費用がかかるものがわかりました。


不動産取得税
引越し費用
引越しまでの家賃
照明代金
カーテン代金
備品(マット等)
物置
パラボナアンテナ等



まだ足りないものがありそうですが、これが思いつく限りのものです。もちろん忘れていたワケじゃないですよ。これまでは、なーんとなく後回しにしていただけ。ですが・・・。

ざっと計算してみると、新たに100万円くらい予算を組まないと、あ、あぶない!! ちなみに分譲住宅を買った友人から、



「ソファとか、なんだかんだと購入するから、プラス100万円くらいみといたほうがいいよ」



と、以前アドバイスをもらっていたことを思いだしました。





そうなんです!!
まだ、ソファとか、考えてないんです!!






(別にチカラいれることじゃないです)





ああああああ。このままだと、まだまだ費用がふくれあがりそうです。今頃、資金計画たてて遅いんだよ。もっと、早め早めに計画すべきでしょ。と、もう一人の私がつぶやいてます。トホホホ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

にほんブログ村 住まいブログへ

banner2.gif

ランキングに参加しています。
ポチッとしていただけますとうれしいです。




posted by naochan at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | お金の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月20日

JA申し込み

今日は、JAぎふにてローンの申込みです。なんだかんだ言って、JAは金利が低いのがうれしいですねー。ちなみに審査のときは、金利が1.85%。ここ最近のキャンペーンでは1.80%。結局、私が申込みのときは、いくつが適用なんだろーって気になってました。

でも、大丈夫でした。審査の申込みから3ヶ月以内だと、低い金利が適用されるんだそうで。おかげで、当初10年間で1.80%になりました。やっぱり、0.5%の差は大きいですからねー。

申込み場所は、日曜日でも受けつけができるローンプラザ。出迎えてくれたのは、なんと融資課の方と支店の次長さんの2人でした。なぜ支店の次長さんが?と思いましたが、ローンのために新たに口座を開かなくてはならないためのようです。

この同席されたこの次長さん。なかなか、味のある方でしてね。今回はスーツ姿でしたが、正直、麦わら帽子と手ぬぐいが似合う、ゴマ塩頭のおじさん(50歳台)でした。(こんなこといって失礼!!)


実は申込みの最中に、


「私、病気をしましてね。トイレが近いんですよ。
 トイレいっていいですかね・・・」



そして、トイレにいった後、融資課の方に、


「トイレにいっちゃいましたよ。ふふっ。」と小声で、報告してました。


別にいわなくてもいいのにね。融資課の方も、なんともいえない表情してました。(笑)

うちの親戚にも、この手のおじさんいますよ。言わなくてもいいのに、ついついしゃべっちゃう、田舎のおじさんタイプ。なんら実害がないから、別にいいですけれどね。(あ、またまた失礼!!) 

話をもどしまして。申込みそのものは、借りる私になんら問題があるわけもなく、申請書類に事務的な書き込みをして終わりました。

実はこれで終わりじゃなくって、融資前に出向かないととけないそうです。(何するんだろう・・・)


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

にほんブログ村 住まいブログへ

banner2.gif

ランキングに参加しています。
ポチッとしていただけますとうれしいです。




posted by naochan at 23:00| Comment(2) | TrackBack(0) | お金の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リアルな住宅ローン情報

住宅ローンをどこで選ぶのか。これは間取りプランと同じくらい、すごく重要ですよね。もちろん、誰だってできる限り低い金利で借りたい。でも、簡単に借りられるのだろうか? 借りるための条件はどうなんだろう? ・・・・・。いろいろ、わからないことがありますよね。私がいまのJAローンに決める前に、いろいろ調べてみました。その最新データをふまえながら、ご紹介したいと思います。


フラット35
住宅ローンといえば、「フラット35」。というくらい、すぐに選択肢にあがるローンですよね。フラット35の仕組み自体は、いろんな本やHPで紹介してありますので、ここでは省略しますね。

フラット35のいいところは、金利が長期固定されていること。つまり、金利変動がないから、はじから資金計画の見通しがたつんですよね。となると、どーせ借りるなら、金利の低い商品を選びたい。そこで、私が調べてみたなかでは、よさそうなものをピックアップしてみました。


■平成20年6月資金実行分
[たとえば借入3000万円 35返済の場合]

(1) GE Moneyファイナンス
3.050% 融資額×1.2% 49,203,311円 つなぎあり

 


(2) 楽天モーゲージ3.050% 融資額×1.365% 49,252,811円



(3) SBIモーゲージ3.050% 融資額×1.785% 49,378,811円 併せ融資 つなぎあり




金利はどれも3.050%。(4月2.75% → 5月2.950%でしたから、金利が上がってますね) 金利が同じですが、総支払額で差がついているのは「融資手数料」ぶんです。

私のような土地と建物を別々に購入する人には、「つなぎ融資」ができることは大切です。さらに、フラット35ではまかないきれない借入額を他ローンがカバーするための「併せ融資」も必要な人もいらっしゃるかもしれません。

そうゆう意味では、つなぎ融資・併せ融資がともにあるのは「SBIモーゲージ」がいいんじゃないかと思います。

いずれの商品もフラット35ということで、保証料0円、100万円以上なら繰上返済手数料0円。ローンによっては、保証料が40から50万円ほどかかるケースもありますからね。

で、実はフラット35がいいなと思うのは、固定金利だけじゃないんですね。フラット35を使うと、住まいの品質が確保できるんです。フラット35を借りるためには、独自の基準で審査していないとNG。逆に、フラット35が借りられるというのは、ちゃんとした品質の住まいであるといえるんですね。


JA住宅ローン
Iホームが提携していたのが、「JAぎふ」の住宅ローンでした。まだ、マイホーム計画を立てる以前から、金利が低いというウワサを聞いてました。

実際、どの程度の金利かが不明です。ネットで検索しても、金利まで書かれているものは少なかったです。私が調べたもので、金利がわかったものは以下のとおりです。(2008年6月現在)

[ご注意]
ここに書かれているものは、諸条件によって、いろいろ異なります。また、私が調べたものですので、正確じゃない部分もかなりあると思いますので、予めご了承ください。金利など気になったら、まずご自分でお確かめくださいね。



■JAぎふ
3年固定1.45% 5年固定1.95% 10年固定2.0% 
固定金利選択終了後は、店頭金利より1.0%優遇
※適用期間:平成20年06月02日〜平成20年07月06日


■JA兵庫六甲
3年固定1.50% 5年固定1.80% 10年固定2.1% 
固定金利選択終了後は、店頭金利より1.0%優遇
※平成20年6月30日までにお申込。
平成20年9月30日までにお借入の場合


■JA埼玉中央 
3年固定1.10% 5年固定1.35% 10年固定1.85% 
固定金利選択終了後は、店頭金利より1.1%優遇
※平成20年6月30日までにお申込。
平成20年12月30日までお借入の場合


■JAながの3年固定1.00% 5年固定1.40% 10年固定1.75% 
固定金利選択終了後は、店頭金利より1.0%優遇
※平成20年8月31日までに申込
平成20年12月31日までにお借入の場合


こうしてみると、各JAによって金利が違いますが、低金利なことにはかわりないですね。ちなみにJA住宅ローンを借りるには、会員でないといけないことはありませんでした。お近くのJAでお尋ねくださいね。

posted by naochan at 00:00| 住宅ローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月19日

検査について

これから家を建てる方に、どうしても伝えたいこと。それは「家づくりの審査」です。要は、家づくりの工程をチェックすることなんですが、とても重要だなって感じるんですね。で、まずはじめに書くと・・・。



●必ず「第三者の審査」を入れること。



ここにあげられる「第三者の審査」とは、家を建ててくれるHMではなく、本当の意味での第三者として設計事務所、JIO(日本住宅保証検査機構)などに家のチェックをしてもらうことです。

たぶん一流HMなら、ある一定の住宅品質が保たれているので、「第三者の審査」はそんなに重要じゃないかもしれません。

それじゃ、必要なのは、どの辺なの? と聞かれたら、地元の中堅工務店や、数人で経営されている工務店などでしょうか。

だって、地元工務店さんなんて、ほとんど知らないですよね。彼らに「信用してください」といわれてもねぇ。何にも根拠ないですから。

それじゃ、「第三者の審査」を入れよう!! と決めたとします。ここで注意しないといけないのは、建物の契約する前にHM側へ「第三者の審査を入れたい」という趣旨を申し出ること。

契約されてからだと、HMが嫌がるかもしれないですよ。「第三者の審査」なんて、うっとうしいから。だからもう一度、書きますね。「第三者の審査」を入れたいなら、必ず契約前に申し出ること。

もし、契約前に難色をしめしたら、逆に怪しいと疑ったほうがいいかも。だって、工事に自信があるなら、「第三者の審査」を入れても問題ないはずでしょ?

でも私、もう契約しちゃったんですよ。そんな方もいらっしゃると思います。では、どうしたらいいか?


●施主自身でチェックする。


なーんだ、そんなことか。そう、言わないでください。第三者の審査がムリなら、施主自身で行うしかないんですよ。当然、建築についてド素人の施主がほとんどだと思います(私もそうです)。じゃ、どうしたからいいかといいうと、「施主審査」サービスを活用すること。

これは施主自身がマニュアルを見ながら、建築中のチェックができるというものです。たとえば、こんなサービスがあります。



「撮影検査記録マニアル」←このテキストをクリックすると詳細ページが開きます。




このサービスを運営しているAPSS設計事務所のコメントをご紹介しますね。以下、自己紹介文です。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

12%以上も「住まい」のコスト削減が出来、「メールと写真による第三者検査」も付く、「撮影検査記録マニアル」は、30年建築と付き合ってきた私の心からの贈り物です。 「住まい」造りの際の工事の監督や職人さんたちに抑止力としても、効果を発揮します。人は誰でも、専門家が見ていると、気を使いながら工事を進めます。 専門家の助けや後押しがあるか、ないかで、工事の質も変わってきます。特に建築好きで、30年以上もの経験がある専門家がサポートするのですから、家族の楽しさも、コスト削減も、安心も手に入るのが「撮影検査記録マニアル」なのです。 あなたが「住まい」造の相棒として欲しかったのは、こんな心が沢山詰まった「マニアル」です。以上

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

マニュアルを見ながら、施主自身でチェックする。あわせて現場の写真をAPSS設計事務所へメールを送ってチェックしてもらう。わからないこともメールにて確認できる。場合によっては、APSS設計事務所が現地へ出向くこともしてくれるそうです(別途費用がかかります)。詳しくはページをどうぞ。

知ってれば、私もこのサービスを活用してたんですけどね。さて、これらのことって、実はデメリットもあるんですよね。

まず、「第三者の審査」ですが、費用が多大にかかること。JIOの場合、15万円近く必要です。JIOに関して審査の工程は、おおまかに四つ。配筋検査、構造検査、外装下地検査、完了検査です。

このタイミングでしか、チェックしません。つまり、工事につききっきりで見てくれるわけではないんですね。設計事務所もこの費用も実施内容も、同じだと思います。

さて、施主自身のチェックについてのデメリットとは? 先ほどのサービスを活用したとしても、一番のネックは、チェックする時間がつくれるかどうかでしょうね。

仕事をもっている人には、かなり厳しいですよね。だから、私は夜中にチェックしてるんですよ(笑)。もちろん、工事を止めてまでチェックはできないですから。

こうしたデメリットを書いたうえでの結論です。「第三者の審査」は、やはりやるべきです。費用かかり、4回しかチェックしてもらえなくても、やはりプロが見るものですから、やらないよりはやったほうが断然いい。

あわせて施主自身も、上のサービスを使いながら、チェックしていくべきだと思います。

私の場合、Iホームが自主的にJIOに加入してくれました。費用は私持ちですが、それでもよかったと思っています。その上で、私自身もチェックしているから、工事への不安感がないですね。

これから建てる方、もうすぐ着工の方、私の意見が参考になればと幸いです。

posted by naochan at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 審査・監査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カン違い

私は、ときどき「間抜け」になります。血液型のせいなのか、単なる性格上のものなのか。まあ、どちらも当てはまりそうですが・・・(笑)。つまり、細かいところに気づかないところが結構あります。

なんで、こんな出だしからはじまったかといいますと、今日お買い物にでかけたときのことです。またまた通りかかった場所に、建築中の家があったんですね。

最近は、建築中の家を見ると気になってしかたがないんですよ。「今日は日曜日だけれど、あれっ、大工さんがいるよ」とか思いながら、ついのぞいてしまいます。

で、その建築中の隣りの土地が、どーも分譲住宅のようです。で、立て看板をみると、な、なんと・・・・。



88坪の「建売住宅」で2850万円!! 
(すでにカン違いしている私)



この広さで、この値段とは!! フツーならありえない!! と思って、その真意を確かめるはずなんですが、私はカン違いしたまま「スゴーーーーーイ」と思ったんですね。

HMのURLがのっていたので、帰宅して確かめると、なんのことはない、建築条件付「宅地」分譲だったというワケです。

Image011~01.jpg

Image010~05.jpg
看板にはしっかり「売地」の文字!! 私の目は節穴かっ!


間抜けというか、早とちりというか。仕方ないないヤツだなって、自分のことを思いますよ・・・。この手のカン違いをよくやるもんですから、嫁さんに注意されるんですね。(笑)

ところで、この物件の周りは、「建売住宅」が3件ほどありまして。広さは我が家と同じくらい。ちょっとおしゃれで3100万円のいい住まいが建つようです。

私たちは決まっているのに、他の家がつい気になってしまいます。建売住宅のチラシも、つい見てしまいます。なーんか、よくない習慣かもなーって思っています。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

にほんブログ村 住まいブログへ

banner2.gif

ランキングに参加しています。
ポチッとしていただけますとうれしいです。



posted by naochan at 00:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月18日

地盤調査

なんで土地改良って、必要かそうでないか、はじめからわからないんでしょうかねー。もしかしたら、わかる宅地分譲もあるのかもしれませんが、我が家の土地は購入してからでないとわかりません。

これって非常に困ります。それでなくても、なんだかんだと費用が増えている状態です。どのくらい追加になるかはっきりとしないと、資金計画が立てにくいったらありゃしない。

さらに土地改良にかかる費用が上限で100万レベルなんていわれら、とまどってしまいますよね。みなさんは、どうしていらっしゃるのでしょうか?

と、前ふりが長くなりましたが、いま一番気になるのが「土地改良」。これが必要か、そうでないか。すごく大問題です。

実は先週には地盤調査を行っていまして、結果が今週の火曜日にわかることになっていました。でも、なかなか連絡がなくって。

そして、今日(土曜日)。とうとう、わかったんですよ!! 結果は・・・・


「土地改良の必要なし」


やったーーーーーーーーーっ!! これで地盤改良にかかる費用はいらないことになったんです。とりあえず、ほっとひと安心です。

ちなみに地盤調査は、JIOによるものです。その調査内容を読むと、スウェーデン式サウンディング試験法でおこなったようです。備考欄には、こんなことが書かれていました。


建物負荷の応力範囲において緩い層が分布している地盤です。対策としては、全体に入念な締め固めを実施したうえで、荷重分散の高い「べた基礎」の採用が適当であると考察いたします。


ふーん。緩い層があるんだー。べた基礎だけで、いいのかなーって思いますが、JIOの調査結果なので信じるしかないか。





最後までお読みいただき、ありがとうございます。

にほんブログ村 住まいブログへ

banner2.gif

ランキングに参加しています。
ポチッとしていただけますとうれしいです。




posted by naochan at 00:35| Comment(8) | TrackBack(0) | 審査・監査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月17日

JIOについて

JIOって、有名なんですか? 実は私、今回の件があるまで知らなかったです。(ほんと不勉強です・・・) 分譲住宅を購入した私の友人は、知ってました。彼はJIOの審査を受けたからではなく、CMで知ったそうです。

Iホームの方によると、JIOの検査は4回。その検査結果は、すべて写真入り報告書でメールしてもらえるんですってね。さらに検査だけでしゃなくて、10年保証もしくれるとか。

その10年保証については、万が一ビルダーが廃業・倒産しても保証してくれるそうで、なかなか手厚いんですね。そもそも、瑕疵がなくって、ビルダーに廃業・倒産がないにこしたことはないんですけれど。

私のブログに書き込みいただいた方によると、JIOの審査は厳しいそうですね。第三者機関のチェックだけでもありがたいのに、ちゃんと見てもらえれば、なおうれしい限りです。

でも話によると、(たとえばですが・・・)底版コンクリートの打設前の配筋の検査はするそうなんですが、基礎立ち上がりのコンクリートを打つ前のかぶり厚までは見ないとか。

それがほんとかどうか別として、JIOが見ないところを私がみればいいと思うんですよね。もちろん、プロでもないので、技術的なチェックには限界があると思います。と、すると施主しか見ないだろうなってところは、できる限りしたいなー、というレベルです。

ビルダーに不信感があるとか、JIOがどーのことーとか。そんな文句がいいたいから、こんなこと書いているんじゃありませんよ。いろんな人が見ることで、うっかりミスが防げることもあるかもしれません。それに施主として工程を見ておくことで、安心(納得)できるんじゃないかなって。

その結果、できあがった家にたいして、「Iホームは、やっぱりスゴイですね!」といえたら、下手な広告よりリアリティがあるんじゃないかと。

最近は、そんなことをつらつらと考えながら、早く着工しないかなーって、思っています。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

にほんブログ村 住まいブログへ

banner2.gif

ランキングに参加しています。
ポチッとしていただけますとうれしいです。


posted by naochan at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 審査・監査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月16日

自己資金について

家づくりの本を見ると、自己資金は総費用の30%が理想と書いてありますね。じゃ、わが家はというと、当初の計画では14%でした。当初ですら30%に満たない状態です。なのに、進めているうちに、購入額をアップしたので11%になりました。いずれにしても10%台にかわりはありません。ひえーっ。(笑)

つぎにローンに関しては、「総費用の80%を上限するのが望ましい」と書いてあります。わが家にあてはめてみますと、現在の計画では86%になってしまいました。越えちゃってますね。(汗)

では、ローンの返済額は、いくらにすべきなんでしょうか? これについては「住宅ローンの返済額は、年収の25%以下が望ましい」と書かれていますね。わが家の場合、24.98%でした。(ギリギリ、セーフ・・・)。これに関してはIホームの営業マンも、25%を越えないように気にしていました。

自己資金は多く用意し、ローンは少なく借りるのがいいに決まってます。でも、私のように行き当たりばったりの人は、そうはいきませんね。たまたまマイホーム購入にまわせる貯金があったから、家づくりをはじめちゃったんですけれど。(たかが10%程度で)

私たちが訪問したときは、分譲住宅のHMも、いまのIホームも、それぞれの営業マンは、「大丈夫ですよ!!」を言いきりました。たしかに買えなくはないけど。

でも、現在の私は42歳。35年ローンを組むと、ローンが終わるのが77歳です。私が申し込もうとしているJAローンは、当初10年固定。その後は、店頭の金利より年1%優遇だから、確実に毎月の返済額はあがるんですよね。

つまり定年を迎えても返済が残っているだけでなく、返済額があがっていくワケでして。まあ、それを知っていてマイホームを買ってしまうのは、結局のところ自己責任ってことなんでしょう。

書籍は、あくまで書籍のこと。現実にはこの条件を満たして買う人がどれだけいるのかは知りません。ただ、私のような条件でも、買えなくはないんですよね。

いま考えているのは、当初10年間で、できる限り繰り上げ返済をしていくこと。つまり、嫁さんにパートで働いてもらわないといけないかなって。(これは嫁さんとも話あってます)。後あてにできるのが退職金と、定年後の生命保険の解約。

これらのことを考えると、うまくすれば返済期間を短くできて、定年で完済できるかもって考えてます。あくまでnaochan家のケースなので、そこんところはご了承くださいね。



最後までお読みいただき、ありがとうございます。

にほんブログ村 住まいブログへ

banner2.gif

ランキングに参加しています。
ポチッとしていただけますとうれしいです。




posted by naochan at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 住宅ローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月15日

いま思うこと

もう、6月には着工です。そう思うと、とうとうここまできてしまったんだなぁ、という感慨のような、喜びのような、不安のような、後悔のような、いろんな気分に漂っています。

あれよあれよという間に、今日まできた感じ。なんだか勢いだけできたなぁ。もちろん、その時々には真剣に考えてきましたが、やはり急ぎすぎたように思うんですよね。

いま思えば、きっかけとなる大げさな理由なんてなにもなかった。ただ、この先、実家にもどるか、永住できる場所を見つけるか。アパート住まいだけは続けたくない。とにかく今のままではいけないだろう。そんなことを漠然と考えていたかな。そういえば、嫁さんに本気のような、冗談のような感じで、家について話すこともあったなー。

少なくとも、うえの娘が小学校に上がる前にどこに住まいを構えるか、決めたかったですね。友だちができた小学校を、転校させることだけはしたくなかったし。

2007年には本気で動かなかったけれど、でも2008年には一年かけて、ゆっくり中古住宅でも探せばいいか。そんな軽い気持ちだったですね。

いざ動きだしてみると、ほどよい中古物件なんてないし、やっぱりマイホームは魅力的なんですよね。ああ、「我が家を持つ」って、なんて甘味な言葉でしょう。

結局、勢いで決めてしまったようなもの。建物以外にもかかる、未定の外構代など、今だに予算は膨れ上がり、トータルで幾らなのか、全然見えてない・・・。こんなバカな話はないですよね。もちろん悪戯に値段をあげるようなことはしていないものの、我ながら無謀だなぁ。

なぜこんなことを書いたかって? そう、これから家づくりをはじめる方に、私のようになってほしくないから。まあ、こんな無謀な方は、そうそういないでしょうが・・・。

私のような少ない年収の人は、しっかりと計画性をもって動かないといけない!!

あれ? なんだかヘンな流れになってしったなぁ。こう書いていると後悔しているように、思われてしまいそうですね。

いえいえ、大丈夫!! 反省こそすれ、すこしも後悔していませんよ。なんてたって、マイホームがもてるんですから。能天気で、大雑把なO型の私は、「なんとか、なるさ」と思っていますし。

これからはやるべきことは、これ以上あがらないように資金計画を見直してみること。それだけですね。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

にほんブログ村 住まいブログへ

banner2.gif

ランキングに参加しています。
ポチッとしていただけますとうれしいです。



posted by naochan at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | きっかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月14日

M社ふたたび

先日の日曜に、M社ショールームにいってきたんですね。というのも、前回のときはキッチンだけで、浴室や洗面台については、なんにも聞くことができなかったから。

それでなくても、例の「研修中」バッヂをつけた女性スタッフのおかげで、キッチンの話すらままならなかったのに。本心でいえば、「なんか、行きたくないなー」です。これは嫁さんも同感。

でも、残念ながらキッチンはM社にしたい。それが嫁さんの希望なので、仕方ありません。浴室や洗面台だって、ちゃんと説明を聞いたうえで、決めたいですしね。

そんな重―い気分で、いざ、ショールームへ。もし、彼女がでてきたら、今度は違うスタッフにしてください! とキッパリいうつもりでしたが・・・。

ざ、残念ながら、そうはいきませんでした。というのも、このショールームのスタッフは、彼女を合わせて2人きり。私たちがいったとき、すでにもう一人のスタッフは来客中。あ、あ、あ、残念!! やはり、彼女かぁーー。(ため息)

仕方ないから、こう言いました。



私「前回、説明が足りず、わからないところが多かったので、
今日きました!!!! ほんとうなら前回、浴室も、洗面台も、
説明を聞きたかったんです!!!!」(語気をつよめに)




そんな出だしで始まった説明ですが、やはり詳細な質問になると裏手にいって調べてくることになります。

たとえば、人造大理石にはアクリル系、ポリエステル系があるが、どう違う? 特にアクリル系のほうは耐久性があるってカタログに書いてあるけど、「耐久性」ってどういうこと?

調べてもらったうえで説明してくれたけど、よくわからなかったですね。(彼女自身がかわってないから、私たちにわかるはずもないよなー)

余談ですが、コンロに関して嫁さんのこだわりがありまして。コンロとコンロの間が離れているワイドタイプがほしいそうです。やはり鍋とか置くのに、ゆとりがあったほうがいいらしいです。

フツーのタイプが30cmだとすると、リンナイのワイドタイプが33cm、ハーマンだと35cm。ほんとうなら35cmくらいほしいところです。ちなみに5、6万円アップします。(汗)

キッチンでは、ひと通りカラーバリエーションを見て、浴室、洗面台も説明を聞いてこの日は終了。かえりぎわ、彼女から、こんな言葉がありました。



「まだ他に、わからなかったことはありませんでしたか?」



たぶん、彼女なりに気を使った言葉でしょうね。でもね・・・・。まあ、がんばってくださいな。と、心でいうより他ないでしょう。


ところで後日談。見学を終わってアパートに帰ってからのこと。


嫁さん「また、M社のショールーム、いってもいい?」
私  「え、なんで?」
嫁さん「まだ、キッチンの色を悩んでるの。もう一回見てみたいな。」
私  「・・・・」(またいくのか・・・。)
嫁さん「だめ?」
私  「いいよ。納得いくまで見なよ」


キッチンは女性の大切な場所ですもんね。こだわって、大いに悩んでくださいな。

Image010~03.jpg
なんと見学後、またお土産をもらいました。夫婦茶碗。
嫁さんは、結構喜んでいます。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

にほんブログ村 住まいブログへ

banner2.gif

ランキングに参加しています。
ポチッとしていただけますとうれしいです。



posted by naochan at 00:00| Comment(8) | TrackBack(0) | キッチン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。