2008年05月20日

リアルな住宅ローン情報

住宅ローンをどこで選ぶのか。これは間取りプランと同じくらい、すごく重要ですよね。もちろん、誰だってできる限り低い金利で借りたい。でも、簡単に借りられるのだろうか? 借りるための条件はどうなんだろう? ・・・・・。いろいろ、わからないことがありますよね。私がいまのJAローンに決める前に、いろいろ調べてみました。その最新データをふまえながら、ご紹介したいと思います。


フラット35
住宅ローンといえば、「フラット35」。というくらい、すぐに選択肢にあがるローンですよね。フラット35の仕組み自体は、いろんな本やHPで紹介してありますので、ここでは省略しますね。

フラット35のいいところは、金利が長期固定されていること。つまり、金利変動がないから、はじから資金計画の見通しがたつんですよね。となると、どーせ借りるなら、金利の低い商品を選びたい。そこで、私が調べてみたなかでは、よさそうなものをピックアップしてみました。


■平成20年6月資金実行分
[たとえば借入3000万円 35返済の場合]

(1) GE Moneyファイナンス
3.050% 融資額×1.2% 49,203,311円 つなぎあり

 


(2) 楽天モーゲージ3.050% 融資額×1.365% 49,252,811円



(3) SBIモーゲージ3.050% 融資額×1.785% 49,378,811円 併せ融資 つなぎあり




金利はどれも3.050%。(4月2.75% → 5月2.950%でしたから、金利が上がってますね) 金利が同じですが、総支払額で差がついているのは「融資手数料」ぶんです。

私のような土地と建物を別々に購入する人には、「つなぎ融資」ができることは大切です。さらに、フラット35ではまかないきれない借入額を他ローンがカバーするための「併せ融資」も必要な人もいらっしゃるかもしれません。

そうゆう意味では、つなぎ融資・併せ融資がともにあるのは「SBIモーゲージ」がいいんじゃないかと思います。

いずれの商品もフラット35ということで、保証料0円、100万円以上なら繰上返済手数料0円。ローンによっては、保証料が40から50万円ほどかかるケースもありますからね。

で、実はフラット35がいいなと思うのは、固定金利だけじゃないんですね。フラット35を使うと、住まいの品質が確保できるんです。フラット35を借りるためには、独自の基準で審査していないとNG。逆に、フラット35が借りられるというのは、ちゃんとした品質の住まいであるといえるんですね。


JA住宅ローン
Iホームが提携していたのが、「JAぎふ」の住宅ローンでした。まだ、マイホーム計画を立てる以前から、金利が低いというウワサを聞いてました。

実際、どの程度の金利かが不明です。ネットで検索しても、金利まで書かれているものは少なかったです。私が調べたもので、金利がわかったものは以下のとおりです。(2008年6月現在)

[ご注意]
ここに書かれているものは、諸条件によって、いろいろ異なります。また、私が調べたものですので、正確じゃない部分もかなりあると思いますので、予めご了承ください。金利など気になったら、まずご自分でお確かめくださいね。



■JAぎふ
3年固定1.45% 5年固定1.95% 10年固定2.0% 
固定金利選択終了後は、店頭金利より1.0%優遇
※適用期間:平成20年06月02日〜平成20年07月06日


■JA兵庫六甲
3年固定1.50% 5年固定1.80% 10年固定2.1% 
固定金利選択終了後は、店頭金利より1.0%優遇
※平成20年6月30日までにお申込。
平成20年9月30日までにお借入の場合


■JA埼玉中央 
3年固定1.10% 5年固定1.35% 10年固定1.85% 
固定金利選択終了後は、店頭金利より1.1%優遇
※平成20年6月30日までにお申込。
平成20年12月30日までお借入の場合


■JAながの3年固定1.00% 5年固定1.40% 10年固定1.75% 
固定金利選択終了後は、店頭金利より1.0%優遇
※平成20年8月31日までに申込
平成20年12月31日までにお借入の場合


こうしてみると、各JAによって金利が違いますが、低金利なことにはかわりないですね。ちなみにJA住宅ローンを借りるには、会員でないといけないことはありませんでした。お近くのJAでお尋ねくださいね。



posted by naochan at 00:00| 住宅ローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。