2008年07月14日

心付け

ランキングに参加してます。ぜひ温かい一票を! 
こちらをクリック!!→ブログ村 一戸建


午前の休憩後、わざわざ嫁さんのご両親がきていただきました。今回のお茶だしに限らず、ことあるごとにアドバイスをいただいてまして。とても感謝しきれないほどに、お世話になっています。

そのご両親から、ちょっとした提案をいただいたんですね。まあ、はっきり言うと、大工への「心付け」のことです。

ご両親から現金の入った封筒を手渡され、これを棟梁に渡すようにといわれました。「心付け」を渡す気がなかった私は、もう恐縮するしかないです。

Iホームの方に聞くと、棟梁のほか、現場にずっとはりついていただく大工さんがいるとのこと。

嫁さんのご両親と話して、棟梁とその大工さんに渡すことにしました。棟梁には、大工のみなさんへのジュース代として。張り付いていただく大工さんには、今後ともよろしくとのご挨拶として。

結果的に「心付け」を渡す形となり、現場監督さんも大変恐縮していました。入れた金額は、ほんとうにジュース代程度のものです。まあ、ほんとうに気持ちですよね。

Image026222.jpg

話は変わって、Iホームの営業マンから私たちに「上棟祝い」をいただきました。ここら辺もしっかりしているんですね。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ

banner2.gif

ランキングに参加しています。
ポチッとしていただけますとうれしいです。




posted by naochan at 01:41| Comment(4) | TrackBack(0) | 地鎮祭〜着工〜上棟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
棟上、おめでとうございました。
特に木造建築は大工さんの腕によるところが大きいとききますので、これから気持ちよく仕事をしてもらうには、とってもいいですよね。
こういう施主側の気遣い大切ですよね。
うちは棟上はしていませんでしたが、現場も近い事もあり、よく差し入れを持っていき、お話を極力するようにしていました。
Posted by kid at 2008年07月14日 14:35
★kidさま
いつも書き込み、ありがとうございます。
たまたま「心付け」ができたので、
結果的によかったなーと思っています。
「心付け」がなくても、
差し入れするのもありですよね。
Posted by naochan at 2008年07月15日 15:41
最近ブログを立ち上げたri-maです。
我が家も家探しを始め、ようやく契約にこぎつけそうなんです。
条件付建売住宅の為、これから勉強しながら建築・入居まで無事にいけるように頑張ります。

なのでnaochanさんの記事は参考になります(^^)
心づけってやっぱあった方が印象良いですよね。
私もこれから建築現場に足を運ぶ事になりそうなので、考えて見ます〜〜

また遊びに来ますね。

Posted by ri-ma at 2008年07月18日 10:21
★ri-maさま
これから家づくりスタートですね。
すばらしい!!
私は失敗や勘違いが多いので、
どこまで参考になるかわかりませんが(笑)。
家づくりは、大変である一方、
すごく楽しいものです。
がんばってくださいね。
Posted by naochan at 2008年07月18日 13:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。