2008年10月29日

引っ越し、当日

ランキングに参加してます。ぜひ温かい一票を! 
こちらをクリック!!→ブログ村 一戸建


引っ越しは、10月17日(金)でした。
なんで平日にしたか。
それは、料金がちょっと安いからです(笑)。

平日にしたので、会社を休まないといけません。
だから、引っ越し日が間近になって入ってきた仕事は、
できるかぎり部下に振りたおしました。
(部下のみなさん、ゴメンね)
おかげで、ちゃーんと休むことができました。




さて、引っ越しの当日。
気持ちいい晴天です。

引っ越しの時間は、
午前になるのか、午後になるのか、
当日にしかわかりません。

私たちが申し込んだプランは、
そんな流動的なプランだったんですね。

午前になることもあるので、
私たちは朝早くから準備万端で待ってました。

でも、連絡なし。

時間をもてあました私は、
運び込めるものだけでも
自分たちのクルマで運ぶことにしました。

そのおかげで、
ちょうど電話工事の方が来たんで、
ラッキーでした。

この間に、引っ越しのサカイから連絡あり、
午後2時から2時30分くらいに決定。

夕方からの引っ越しにならず、
ほどよい時間でのスタートです。
これなら明るいうちに終わるかも。

実際にサカイが来たのは、2時30分をまわった頃。
スタッフはリーダーをふくめ、たった3名です。

落ち着いた物腰のリーダーから、
引っ越しの説明をうけてから、
搬出の作業がはじまりました。

3名だけで、淡々と運搬が進みます。

そういえば、アリさんのときは、
6、7名で怒濤のように、作業が進んだっけ。
まるでお祭り騒ぎのように。

それに反して、
とても静かなのが印象的です。

窓から爽やかな風と、鳥の声が流れてくる、
のどかな、午後の引っ越し。

持ち運ぶもののキズなどの確認・説明を、
リーダーが丁寧にしてくれます。

その説明を聞いていると、
すごく安心感があります。
きっと、経験豊富なんだろうな。

モノを壊されたくないから、
ちゃんと目を光らせておかないといけないぞ。
引っ越し前、そう思っていました。

でも、とても安心感があったので、
「見張る」のを途中からやめました(笑)。



ところが、静かな引っ越しを打ち壊す、
ある問題が発覚したんです!!

それは、洋室で作業しているリーダーから、
「ちょっといいですか」と
呼ばれたことからはじまりました。

その内容はというと・・・。(次回につづく)


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ

banner2.gif

ランキングに参加しています。
ポチッとしていただけますとうれしいです。




posted by naochan at 14:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 引っ越し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。