2008年11月16日

すてきな提案

ゴーン、ガラガラ。
ドシャドシ、ドシャドシャ。

朝の7時か、8時頃のことです。
外からの騒々しい音に、
起こされました。

寝ぼけ眼でいってみると、
生コン車が駐車場に、
コンクリートを流しこんでいるところでした。

ああ、やっぱり予定どおりやるんだ。
そう思い、さっそく着替えることにしました。

実は、金曜日の夜のこと。
嫁さんから、
外構の職人さんの若い人(仕切っている方)が、
脚にコンクリのフタかなにかを落としたらしく、
病院へいったという話を聞きました。

だから、土曜日の予定は、
もしかしたら、ないかもって思っていたんですね。

でも、予定通り作業をされています。

さっそくご挨拶したら、
そんなに大したことはなかったようでした。
(でも、びっこをひいてました)

カラダが資本の方々なので、
そんなにムリをしなくてもいいのに。

ところで職人さんですが、
とても気さくな方でした。

歳は30代後半じゃないかな。
作業をはじめるとき、終了したとき、
もろもろ律儀に挨拶をしてくださる方です。

この日は、あいにくの雨模様で、
しかも肌寒い中、作業に精を出されています。

休憩をとらず、もくもくと作業が続きます。
しかも、お昼もたべずに。

やっと1時くらいになって昼食をとるくらい、
ほんと、とても仕事熱心。

嫁さんにも、子どもたちにも、
気軽に声をかけてくれる、いい職人さんです。

若いのに、しっかりしてるなぁ。
ちなみにお子さんは、もう19歳で働いてるんだとか。

なんだかんだと、
作業されていたんですが、
その職人さんから、すばらしい提案をいただいたんですね。

駐車場の隅に、(記念に)子どもたちの手形を残すというもの。

もちろん、断る理由などないので、
お願いしました。

小雨のふる中でしたが、
子どもたちもおおはしゃぎ。

Image035~07.jpg
(これが手形。写真にはありませんが、もう一人ぶんあります。
これに、名前と日付をいれました)

すごくいい記念になりました。
なかなか、こんな素敵なことをしてくれる
業者さんはいないんじゃないかな。
ほんと、いい方に作ってもらえてラッキーです。


posted by naochan at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 外構 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。