2009年01月27日

倒産の裏側

ランキングに参加してます。ぜひ温かい一票を! 
こちらをクリック!!→ブログ村 一戸建


<プロローグ>
年収400万円の私が、家を建てました。無事に新築できたのも束の間、2009年2月末には、私が勤めている会社が倒産することに。ほんとうなら、新築のこと・家のことについて書くべきブログですが、ここしばらくは、倒産までの経緯を書きたいと思います。さて、今どうなっているかといいますと・・・。




2009年11月に、「倒産宣告」がされた私の会社。
あわせて、新会社が設立されると発表されました。

私はというと、
動揺はしていましたが、
ある種の落ち着きはありました。

何故かというと、私は幹部であり、
事前に知らされていたからです。

しかも、私が出席している
定例の経営会議を聞いてきたから
会社がどんな状況か
わかっていたのです。

ここ数年、会社の経営状況は
あまりいいものではありませんでした。

倒産になっても仕方がない状況に
あったということです。

ただ、これまで会社がもっていたのは、
グループ会社として、
母体となる主会社から借金をして
食いつないできたから。

通常なら、とっくの昔に
倒産になってたんですね。

そんな経営状況なのに、
事業展開を手広くしようしていた社長。
主会社からの援助がある限り
大丈夫だろう・・・。

そこに会社、もしくは現社長の甘えが
あったのかもしれませんね。

それでも、幾度となく危なくなって、
現社長が危機感を持って対応してたんですよ。



話をもとに戻して。



現実問題として、私自身、
新しい会社に残れるのか、残れないのか。
それは最大のポイントでした。

もしかしたら残れるかもしれない。
そんな淡い期待がありました。
というのも、この「倒産宣告」がされる前のこと。
経営状況が最悪の状況になり、
主会社から社長と監査役が事情徴収にきたんですね。

そのとき、会社の核となるメンバーとして、
私も選出されたんです。

さらに、「倒産宣告」された後、
裏情報として、私が次の会社のリストに
残っているとの話があったから。

そうはいっても残ることができるという
確証はないのですから不安は募るばかりです。

そんな中、12月に入って
新社長との個人面談がはじまりました。
これは全社員に行われるものです。

個人面談ということは、
きっと、次の会社への採用についてだろう。
事前に詳しい内容を聞かされていなかったので、
そんな想像をしていました。

そして、面接当日。
私は新社長から、ある言葉をもらいました。
つづく。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ

banner2.gif

ランキングに参加しています。
ポチッとしていただけますとうれしいです。




posted by naochan at 04:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そっかぁ ある程度の事は分かっていたのですね。
うちの前の会社も 事業を広げすぎて
かなり借金を背負ったようです。
ほとんどの人を解雇にしました。
今では 身内か 社長の愛人??くらいしか
残ってません(;><)
まぁ うちの会社と比べてはいけませんね。
火曜のポチ。
Posted by ご☆ん at 2009年01月27日 16:13
ご☆んさま
事業を広げて窮地に追い込まれる。
なんて典型的な展開なんでしょうね。
とろこで、
いつも「ポチッ」としていただき、
ありがとうございます。
私もお礼にしなきゃ。
Posted by naochan at 2009年01月28日 00:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。