2009年01月29日

倒産、意外な展開。

ランキングに参加してます。ぜひ温かい一票を! 
こちらをクリック!!→ブログ村 一戸建


<プロローグ>
年収400万円の私が、家を建てました。無事に新築できたのも束の間、2009年2月末には、私が勤めている会社が倒産することに。ほんとうなら、新築のこと・家のことについて書くべきブログですが、ここしばらくは、倒産までの経緯を書きたいと思います。さて、今どうなっているかといいますと・・・。


いつもの12月なら、中旬を超した頃から
少しずつ仕事が緩やかになっていきます。

しかし、この年末に限って、
とても倒産前とは思えないくらいに、
死ぬほど忙しい日々をおくっていました。

不思議なものです。

そんな忙しい日々をすごしていた私に、
現役員の一人から、
ぜひ話したいことがあるとお願いされていました。

どうして? どんな話なんだろう?

どう考えても、
現役員から呼びだされる理由は一つも浮かびません。

ちょうど忙しい最中にあった私は、
多忙を理由に会うこと延び延びにしていたんですね。

しかし、あまりにも延ばし続けるのもいけないので、
時間をなんとか工面して会うことにしたんです。
それが、ちょうどクリスマスイヴ。それも夕方。

その現役員と会う約束の場所は、
なぜか社外の喫茶店でした。

商業施設がテナントとして入っているビル、
その中にある喫茶店です。

街全体がクリスマスムード満点。
当然、このビルでもイベントとして、
コーラス隊がホワイトクリスマスを歌っています。

その側を通り抜け、
私は現役員の待つ喫茶店へ。

もうすでに、彼はきていました。
席につき、飲み物を注文し、
ぎこちない世間話を少し交わす2人。

いったい何の話なんだろう。

そう思う私に、彼はためらいがちに
核心となる話をしはじめました。




「君には申し訳ないが、
つぎ会社では常駐フリーとして雇うことになるがいいか」




ん、常駐フリー?
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・

それは、契約社員よりも条件の悪い、
雇用形態の一つ。

厳密にいえば雇用ではなく、
会社に席を設けるだけで、
出来高制で仕事をこなしていくしかない
就業スタイルことをいいます。

言い換えれば、
外注さんが社内にいて、
発注を受けるというようなものかもしれません。

つまり私は正社員として、
つぎの会社には採用されることがない、ということ。

社会保険制度の恩恵もなく、
とにかく仕事を数こなさないと、
食べていけない(賃金がもらえない)んですね。

その予想していなかった言葉に、
かなりの動揺した私。

どうして正社員としてやとってもらえないのか。
新社長は、残ってほしいといっていたのにどうしてなのか。

そんなことを問いただす余裕もなく、
彼からの話を聞くのが精一杯でした。


少し震える手で、水を飲む私。
外から聞こえる、クリスマスソング。
いたずらに時間だけが過ぎていきます。


よりによって、この年の瀬、しかもクリスマスイヴ。
どうしてこんな宣告をうけなければならないんでしょう。

その場での話も早々に切り上げ、
私はクリスマスイヴで賑わう街へと消えていきました。
つづく


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ

banner2.gif

ランキングに参加しています。
ポチッとしていただけますとうれしいです。




posted by naochan at 00:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
う〜〜〜っっっ…
読んでて胃がキリキリしてきそうです。

年末忙しい仕事をこなせるのも
次が待っていると思うからで
こう言う結果ってアリなんでしょうか…
Posted by つぶ at 2009年01月29日 08:07
つぶさま
胃をキリキリさせてごめんなさいね。
おっしゃる通り、
仕事のモチベーションが一気に下がりましたよ。
おまけに、やっかいな仕事が続いてましてね。
なんだかな〜。
Posted by naochan at 2009年01月29日 10:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。