2010年01月31日

成功すかは、誰が担当するのかがカギ

ランキングに参加してます。ぜひ温かい一票を! 
こちらをクリック!!→ブログ村 一戸建


2009年にマイホームを実現しまた。
そのときの経験談をつづってます。
気をつけたいことや失敗したことなど、
これから建てられる予定の
参考になればと思います。
あくまで私見なので、
ノウハウに間違いがあったり、
情報に偏りがありますので、
あらかじめご了承ください。

さて、本題です。

家づくりには、
深く関係(影響?)するのが「営業さん」です。

担当する営業さんが「信頼できるか」次第で、
マイホームの実現が大きく左右されます。

それは大きな要素なんですが、
同じくらい重要なキーマンが
「現場監督さん」だと思うんです。

実際に建築が進むと、
営業さんはほとんど役に立ちませんでした。

ラッキーなことに
私の場合、「現場監督さん」が
とても誠実な方でした。

人あたりは不器用な方でしたが、
こちらの要望を気軽に受けてくれたんですね。

現場監督さんは、
いくつもの家を掛け持ちがやってるようなんですが、
いつケータイしても、ちゃんと対応してまくれました。

建てた後も、家のことでケータイとしても
対応してくれたんですよ。

まあ、実際問題として、
どんな現場監督さんにあたるかは、
契約しないとわからないものですが、
少なくとも「仲良くなる」というのも
対処の一つじゃないかなって思います。



最後までお読みいただき、ありがとうございます。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ

banner2.gif

ランキングに参加しています。
ポチッとしていただけますとうれしいです。




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。