2008年02月14日

マンションか、分譲住宅か

ここ最近、分譲住宅の見学に行くようになりました。不動屋さんには「マンションか、一戸建てか、悩んでいる」と伝えると、こういいます。マンションだと修繕積立金がかかるから大変だと。

入居したときはいいけれど、何十年後かにマンションの住人が減ると、減ったぶんだけ入居者が負担をしなくてはならないとも。そういう意味でも、マンションは損ですよって。

どこの不動産屋も、同じことを言うのが面白い。でもさぁ、一戸建てだって、何十年後かに修繕していく必要もでてくるだろうし、もしかしたら一戸建てのほうが維持費が高くつくんじゃないのだろうか。

あと言われたのが、売りたくなっても、マンションだと売れにくい、ということ。マンションはなかなか売れないそうだ。売れても破格値だとか。その一方、一戸建ては建物がうれなくても、最悪土地が売れるのだそうだ。

ほんとかどうかは、私にはわかりません。土地がないぶん比較的安く購入できるマンションがいいか。多少高額でも自由に暮らせる一戸建てなのか。

どちらをとるかは、最終的には各家庭の経済状況しだい。あわせて「どう暮らしたいか」にかかわってくると思います。優劣はつけられないな。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

にほんブログ村 住まいブログへ
ランキングに参加しています。
ポチッとしていただけますとうれしいです。




posted by naochan at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 分譲住宅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。