2008年05月14日

M社ふたたび

先日の日曜に、M社ショールームにいってきたんですね。というのも、前回のときはキッチンだけで、浴室や洗面台については、なんにも聞くことができなかったから。

それでなくても、例の「研修中」バッヂをつけた女性スタッフのおかげで、キッチンの話すらままならなかったのに。本心でいえば、「なんか、行きたくないなー」です。これは嫁さんも同感。

でも、残念ながらキッチンはM社にしたい。それが嫁さんの希望なので、仕方ありません。浴室や洗面台だって、ちゃんと説明を聞いたうえで、決めたいですしね。

そんな重―い気分で、いざ、ショールームへ。もし、彼女がでてきたら、今度は違うスタッフにしてください! とキッパリいうつもりでしたが・・・。

ざ、残念ながら、そうはいきませんでした。というのも、このショールームのスタッフは、彼女を合わせて2人きり。私たちがいったとき、すでにもう一人のスタッフは来客中。あ、あ、あ、残念!! やはり、彼女かぁーー。(ため息)

仕方ないから、こう言いました。



私「前回、説明が足りず、わからないところが多かったので、
今日きました!!!! ほんとうなら前回、浴室も、洗面台も、
説明を聞きたかったんです!!!!」(語気をつよめに)




そんな出だしで始まった説明ですが、やはり詳細な質問になると裏手にいって調べてくることになります。

たとえば、人造大理石にはアクリル系、ポリエステル系があるが、どう違う? 特にアクリル系のほうは耐久性があるってカタログに書いてあるけど、「耐久性」ってどういうこと?

調べてもらったうえで説明してくれたけど、よくわからなかったですね。(彼女自身がかわってないから、私たちにわかるはずもないよなー)

余談ですが、コンロに関して嫁さんのこだわりがありまして。コンロとコンロの間が離れているワイドタイプがほしいそうです。やはり鍋とか置くのに、ゆとりがあったほうがいいらしいです。

フツーのタイプが30cmだとすると、リンナイのワイドタイプが33cm、ハーマンだと35cm。ほんとうなら35cmくらいほしいところです。ちなみに5、6万円アップします。(汗)

キッチンでは、ひと通りカラーバリエーションを見て、浴室、洗面台も説明を聞いてこの日は終了。かえりぎわ、彼女から、こんな言葉がありました。



「まだ他に、わからなかったことはありませんでしたか?」



たぶん、彼女なりに気を使った言葉でしょうね。でもね・・・・。まあ、がんばってくださいな。と、心でいうより他ないでしょう。


ところで後日談。見学を終わってアパートに帰ってからのこと。


嫁さん「また、M社のショールーム、いってもいい?」
私  「え、なんで?」
嫁さん「まだ、キッチンの色を悩んでるの。もう一回見てみたいな。」
私  「・・・・」(またいくのか・・・。)
嫁さん「だめ?」
私  「いいよ。納得いくまで見なよ」


キッチンは女性の大切な場所ですもんね。こだわって、大いに悩んでくださいな。

Image010~03.jpg
なんと見学後、またお土産をもらいました。夫婦茶碗。
嫁さんは、結構喜んでいます。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

にほんブログ村 住まいブログへ

banner2.gif

ランキングに参加しています。
ポチッとしていただけますとうれしいです。





posted by naochan at 00:00| Comment(8) | TrackBack(0) | キッチン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは、この夫婦茶碗うちにもありますよー(*^m^*)
あのメーカーはビルダーのキッチンの標準になっていたのでショールームに何度か通いました。

わからない事をその都度調べて答える姿勢は大切だけど、あまり回数が多いと疲れちゃいますよね^^;

毎日使う場所だし、納得いくまで見て決められるといいですね!
Posted by mijupi at 2008年05月14日 00:38
★mijipiさま

ありがとうございます!!
彼女も一所懸命なんですけどねー。
でも、それ以上に私たちも
一所懸命なんです。
だって、私たちは買ったら、
ほぼ残りの人生は
そのキッチンと付き合うのですから。
納得するまで見ますよ。
Posted by naochan at 2008年05月14日 09:46
私がキッチンの見積もりをお願いしたC社の担当女性も、突っ込んだ質問をするとすぐ「調べて参ります(`・ω・´)」と言って裏手に走ってました。
そのロスがちょっともったいない・・・でも一生懸命やってくれているんだから仕方ないしなぁ・・・と胸中複雑です(´∀`;)
奥様のお気に入りのキッチンになるといいですね♪
Posted by あっぷる茶 at 2008年05月14日 12:29
こんにちは。
ブログへのコメント、どうもありがとうございました。
設計をさせていただく側としても、興味深いブログのタイトルであったので、お邪魔していました。
もう少しで地鎮祭ですね。
工事の行方を楽しみに拝見させていただきます。
いろんな心模様を、伝えて下さいね。
リンクさせていただきます。
Posted by ナカオアキヨシ at 2008年05月14日 17:23
人工大理石については、こんな感じです。

◆ポリエステル系人工大理石
・ポリエステル系の樹脂に無機物を混ぜてつくった素材
・深みのある美観に欠ける
・一般的に紫外線等によって黄変してしまう
・汚れ落ちや引っ掻き傷、耐衝撃性がアクリル系人工大理石に比べて良くない
・アクリル系人工大理石に比べて安い

◆アクリル系人工大理石
・アクリル系の樹脂がベースでつくられている素材
・透明感あり美観がある。
・ポリエステル系人工大理石に比べて加工しやすい
・耐候性・耐衝撃性に優れる

Posted by kitatenzin at 2008年05月14日 20:34
★ナカオアキヨシさま

こちらこそリンクありがとうございます。
こんなチンケなブログを、
読んでいただいたんですね。
恥ずかしいーーーっ。
設計される方に、
どれだけ参考になるか疑問ですが、
これからも変わらず
書き続けていこうと思っています。
Posted by naochan at 2008年05月14日 22:42
★kitatenzinさま

いつもいつもアドバイス、
ありがとうございます。
私たちは、
もっと勉強しないといけないですね。
Posted by naochan at 2008年05月14日 22:52
こんにちは。。。
僕は建築業者ですが、
同じようなことは多々ありますよ。。。
いろいろなメーカーさんが営業に来るんですが、質問して、おお!!そうですか!
と納得できる回答してくれる営業って少ないですよ。。。恥ずかしい話ですが。。。。
でも、納得するまで聞いたり調べたりすることですよ。。。。
僕もこの営業ではダメだと思ったら、
お客様相談センターに商品説明を聞くこともありますよ。。。

Posted by さっち at 2008年05月16日 16:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。