2008年05月23日

食洗器はいいな

おおおーーーっ。あけてびっくり! 食洗器に関するアドバイスがこんなにもあるなんて!! 私のブログにとって、かつてない書き込みの数です!! 私ごときのブログに、みなさまありがとうございます。感謝、感謝です!!

いま、帰宅して一段落ついて、これを書いています。(深夜12時) で、とうの嫁さんはというと・・・、もう夢の中です。

こんなにもアドバイスをいただいたことを伝えたかったのになー。それにしても、「食洗器をつける」派の方がこんなにいるとは・・・。やっぱり、便利そうですね。高い買い物ではありますが、つけたほうがよさそうですな。

正直、私自身は嫁さんから、食洗器の話があったときから、つけてもいいかなって思ってましたから。べつにつけることには異論はないんですよ。

あえていえば、据え置きタイプか、ビルドインタイプか。その選択が悩みどころかな。

でも、たぶん、うちの嫁さんはビルドインタイプがいいというでしょう。というのも、キッチン内で、やたらモノを置くスペースを気にしているんですね。たとえば洗った食器はどこに置いたらいいか、とか考えてましたもん。据え置きタイプだと、やはりスペースをとっちゃいますからねー。

いったい他に何を置くんだろって思ったりもしますが、基本的に使うのは嫁さんだし。まあ、嫁さんが納得するようにしてあげたいと思っております。

たぶん、ものを置くスペースにこだわるのは、いまのアパートのキッチンのせいだと思うんですよ。男の私でも使いにくい代物ですからね。

シンクは狭いし、洗った食器を置く場所はないし。まな板での調理なんて、キュークツそうでかわいそう。下の写真みてください。これが今のアパートのキッチン。おそろしく狭いでしょ?

Image009~05.jpg
デカ長!! これが現場っス。

それが「キッチンには、スペースがほしいっ!!」という、強い願望になっているのではないか・・・。なーんて、思ってます。



最後までお読みいただき、ありがとうございます。

にほんブログ村 住まいブログへ

banner2.gif

ランキングに参加しています。
ポチッとしていただけますとうれしいです。




posted by naochan at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | キッチン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月22日

食器洗浄機はいる?いらない?

きのう書きましたが、最近、うちの嫁さんが不穏なことを言い出しました。



「やっぱり、食洗機(食器洗浄機)、ほしいかも・・・」




おいおい、それって予算カットのために、やめたんじゃなかったっけ。でも、どうして考え直したん?




「将来、働きだしたら、(食洗機が)あると便利だと思うの・・・」




そーなんだよなー。家が建ったら住宅ローンはもちろん、子供たちの出費も多くなるはず。私の稼ぎでは、この先の家計がまちがいなく苦しくなる。そうなると、嫁さんに働いてもらわないと困ります。(働くことについては、嫁さんも同意してます)

そうなると家事が大変になるだろうし。せめて食器洗浄機だけでも、手助けになるかもしれません。ちなみに義母さんによると、家事とパートの兼用は、それはそれは大変だそうです。

せめて食器洗浄機でもあれば助かったのに・・・。そんなことを言ってたそうです。この言葉も嫁さんの背中をおしています。

一方で、分譲住宅を購入した友人の話では、食器洗浄機をつけたけれど、ほとんど使わず、食器置き場となっているって言ってました。ちなみに共働きです。

ネットを見ても、使う人もいればそうでない人もいます。私としては、導入してもいいだけど・・・・。15万円もするしなー。




「家事が大変になるなら、この際、入れてもいいよ」(と、私)




「そうだね。食器置き場としても使えるし・・・」(と、嫁さん)




ちょっとまってよ。15万円もかけて食器置き場はないでしょ。せっかくいれるなら、ちゃんと使ってほしいなー。まあ、先のことなので、導入しても使わない可能性もないこともないけど。

ちなみにネットでは、食器洗浄機について、こんなことが書いてありました。

洗うのは手のほうが早いけれど、そのぶん手間がはぶける。つまり、子ども達をお風呂に入れたりできる。今のは洗浄力が高いのでよっぽどの汚れ以外は大丈夫。ただし食べかすは捨てないと詰まる原因になる・・・・。

なるほど。ちょっと手間があるものの、やっぱり便利そうです。ところでランニングコストはどれくらいなんでしょう? あと、何年もつものなんでしょうかねー。


いずれにしても、またまた費用がアップしていくワケでして。
うーむ。まいったなー。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

にほんブログ村 住まいブログへ

banner2.gif

ランキングに参加しています。
ポチッとしていただけますとうれしいです。



posted by naochan at 03:00| Comment(10) | TrackBack(0) | キッチン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月14日

M社ふたたび

先日の日曜に、M社ショールームにいってきたんですね。というのも、前回のときはキッチンだけで、浴室や洗面台については、なんにも聞くことができなかったから。

それでなくても、例の「研修中」バッヂをつけた女性スタッフのおかげで、キッチンの話すらままならなかったのに。本心でいえば、「なんか、行きたくないなー」です。これは嫁さんも同感。

でも、残念ながらキッチンはM社にしたい。それが嫁さんの希望なので、仕方ありません。浴室や洗面台だって、ちゃんと説明を聞いたうえで、決めたいですしね。

そんな重―い気分で、いざ、ショールームへ。もし、彼女がでてきたら、今度は違うスタッフにしてください! とキッパリいうつもりでしたが・・・。

ざ、残念ながら、そうはいきませんでした。というのも、このショールームのスタッフは、彼女を合わせて2人きり。私たちがいったとき、すでにもう一人のスタッフは来客中。あ、あ、あ、残念!! やはり、彼女かぁーー。(ため息)

仕方ないから、こう言いました。



私「前回、説明が足りず、わからないところが多かったので、
今日きました!!!! ほんとうなら前回、浴室も、洗面台も、
説明を聞きたかったんです!!!!」(語気をつよめに)




そんな出だしで始まった説明ですが、やはり詳細な質問になると裏手にいって調べてくることになります。

たとえば、人造大理石にはアクリル系、ポリエステル系があるが、どう違う? 特にアクリル系のほうは耐久性があるってカタログに書いてあるけど、「耐久性」ってどういうこと?

調べてもらったうえで説明してくれたけど、よくわからなかったですね。(彼女自身がかわってないから、私たちにわかるはずもないよなー)

余談ですが、コンロに関して嫁さんのこだわりがありまして。コンロとコンロの間が離れているワイドタイプがほしいそうです。やはり鍋とか置くのに、ゆとりがあったほうがいいらしいです。

フツーのタイプが30cmだとすると、リンナイのワイドタイプが33cm、ハーマンだと35cm。ほんとうなら35cmくらいほしいところです。ちなみに5、6万円アップします。(汗)

キッチンでは、ひと通りカラーバリエーションを見て、浴室、洗面台も説明を聞いてこの日は終了。かえりぎわ、彼女から、こんな言葉がありました。



「まだ他に、わからなかったことはありませんでしたか?」



たぶん、彼女なりに気を使った言葉でしょうね。でもね・・・・。まあ、がんばってくださいな。と、心でいうより他ないでしょう。


ところで後日談。見学を終わってアパートに帰ってからのこと。


嫁さん「また、M社のショールーム、いってもいい?」
私  「え、なんで?」
嫁さん「まだ、キッチンの色を悩んでるの。もう一回見てみたいな。」
私  「・・・・」(またいくのか・・・。)
嫁さん「だめ?」
私  「いいよ。納得いくまで見なよ」


キッチンは女性の大切な場所ですもんね。こだわって、大いに悩んでくださいな。

Image010~03.jpg
なんと見学後、またお土産をもらいました。夫婦茶碗。
嫁さんは、結構喜んでいます。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

にほんブログ村 住まいブログへ

banner2.gif

ランキングに参加しています。
ポチッとしていただけますとうれしいです。



posted by naochan at 00:00| Comment(8) | TrackBack(0) | キッチン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月28日

HITACHIのショールーム

きょうは、HITACHIのショールームに行ってきました。HITACHIは、私たちが選べるキッチンメーカーの一つです。先日のM社だけじゃなく、しっかりと2社見比べてみてから選択したい。そう嫁さんがいったからです。

HITACHIのショールームは、決して広くありません。これはM社と同じ。しかし、ここのスタッフは2人だけ。これくらいの規模だと、こんなもんなんでしょうか。

ちょうど専属スタッフが名古屋に出向いているそうで、代わりに男性スタッフが説明してくれました。浴室⇒キッチン⇒洗面化粧台、という順番で解説をしてくれましたが、この男性スタッフの説明がとても丁寧だったんですね。

Image004~02.jpg
我がもの顔で遊ぶ、私の娘。こまったもんです。

私たちが選べる仕様(ランク)は、ぶっちゃけカタログを見ればわかる程度のもの。特に説明するほどでもないんですね。でも、そのスタッフの方は、一つずつ解説してくれました。

その上で、プラスアルファでコメントをしてくれました。たとえば、洗面化粧台。私たちのは一面化鏡ですが、オプションとして三面鏡にすると鏡の裏側が収納となりスッキリ見せられる等。丁寧な解説の流れで聞くと、そのコメントが妙に納得してしまいました。

嫁さんの場合、キッチンとガスコンロの関係でいろいろ聞きたかったみたいで、すごく話込んでいました。効率よく話しを聞くことができて、私たちは満足して帰りました。

Image006~02.jpg
これが私たちの選べるキッチン

一方、M社ではキッチンしか説明を受けられなかったばかりか、カラータイプもどこまで選べるのか、オプションとして何がつけられるか等、あいまいなまま。

説明だけでもHITACHIに決めてもいいんじゃないかって、嫁さんは言い出すほどです。この2社は同ランクの仕様なので、どちらも差がありません。正直、どちらでも問題ないので、どうせならHITACHIに決めると気持ちいいかな。

そうはいっても見比べたいので、2度手間ならず、3度手間としてM社のショールームに洗面化粧台と浴室を見にいかないといけないのが憂鬱です。



最後までお読みいただき、ありがとうございます。

にほんブログ村 住まいブログへ

banner2.gif

ランキングに参加しています。
ポチッとしていただけますとうれしいです。



posted by naochan at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | キッチン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月14日

M社のキッチン

昨日書いたM社のキッチン。M社の対応はさておいて、キッチンそのものの仕様について書きたいと思います。リーズナブルな価格で、それなりの仕様になっている。それが、M社のIホーム仕様のようです。実際にショールームでの説明を聞いてみると、特徴的なのが・・・。


Image032.jpg
●包丁フラップ収納
シンク手前に、何本か包丁がしまえるスペースです。なかなかなアイデアと思ったんですが、嫁さんいわく、「包丁は1種類しかもってないし・・・」。まあ、確かに刺身包丁も、出刃包丁も、我が家にはありません。(笑)

そのほかには、キッチンの引き出しが、ゆっくり閉まる機能の「ブルモーション引き出し」、水はねの音が少なくする「静音シンク」など、いろいろ便利なのがついてます。


ところが、嫁さんにとって気になる仕様が2つありました。ステンレストップとシングルレバー混合水栓です。「いまどき、ステンレストップなんて・・・」と嫁さん。私なんかだと、そんなに気にならないのですが、嫁さんにとっては重要なことらしいのです。


で、女性スタッフに聞いてみると、大理石調トップが66000円。ハンドシャワー付混合水栓45000。


あわせて、な、なんと111000円なり!!


もし、これを導入するなら、また金額アップじゃないですか!! と、いってもキッチンは毎日使うもの。嫁さんが気持ちよく使うためにも、たぶん導入しないといけないだろうな、と思うのですね。キッチンの話を嫁さんとしながら、今後、予想もできない金額アップがくるのではないかって不安に襲われます。


今回のキッチンは、込み料金なんですが、こうしたディテールに不満がでてくることもあるんですね。決して悪い組み合わせではないものの、最高級な仕様ではないということです。当然なんだけれど、事実を目の当たりにすると、金額にも響くので困ってしまいますね。


Image045.jpg
ショールーム見学すると、こんなランチボックスがもらえました。
嫁さんはわりと喜んでました。



PS. 実は、これらの特徴を書くと、
どこのメーカーかわかってしまうんですよね。(笑)


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

にほんブログ村 住まいブログへ

banner2.gif

ランキングに参加しています。
ポチッとしていただけますとうれしいです。





posted by naochan at 22:50| Comment(4) | TrackBack(0) | キッチン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月13日

M社のキッチンショールーム

きょうは正直、むかついてます!! 冒頭からすみません、こんな書き出しで。でも、聞いて欲しいくらいイライラしてます。ちょっとばかし、おつきあいください。

昨日は、Iホームとの図面打ち合わせでした。そのときにキッチンの話がでたんですね。私たちが建てる住まいプランでは、2社のキッチンブランドから選べるらしく、今のうちからショールームで見ておいて検討しておいてくださいね、と営業マンに言われました。

その2社というのが、HITACHI(あの家電メーカーなんでしょうか?)とM社です。M社は確か純粋なキッチンメーカーだったような気がしたので、Iホームとの打ち合わせ後、まずはM社を見学してみることにしました。

実際にいってみたM社のショールームは、それほど規模は大きくなく、展示してあるキッチンも数点しかありません。スタッフの方は、女性2人と男性1人。そのうち私たちに付いてくれた女性スタッフが問題だったんです!!

Image031.jpg
はじめ、このキッチンを見せられたのでつい信じてしまいましたが・・・。


その女性スタッフから、Iホーム仕様のキッチンの説明をうけたのですが・・・。これが、まあなんというか、心もとないんですね。嫁さんが細かいことを聞くたびに、

「ちょっと、待っててください」

と別のスタッフに聞きに行くんです。説明の合間、妻が小声で、あの人は研修中という名札つけてたよって教えてくれました。なーるほど、だから説明できないんだ。でも、だったらキャリアがある人とともに説明せんかーい!! とイライラしてきました。

説明がヘタなため、私たちの仕様に「何がつくのか」が話した後から発覚してきます。てっきり大理石調のワークトップかと思いきや、ステンレストップだったり。シャワーなしのシングルレバー混合水詮だったり・・・・。

Image030.jpg
Iホーム仕様は、こっちでした。


ひと通り説明を聞いての帰り道のこと。彼女が手渡してくれた総合カタログを入れた手提げ袋の中を見て見ると、説明のときにあったはずのIホーム仕様のキッチン案内(カラーコピーしたもの)がはいっていないじゃないですか!! これがないと総合カタログを見ても、どれがIホーム仕様なのかわからないじゃん!!

と、いうことで次の日。ふたたびショールームに行きました。例の女性スタッフに昨日のことを説明してみますと・・・・。彼女が持ってきたのは、A4モノクロコピーでした。

「あのー、昨日もらえなかった案内は、A3でカラーだったんですが」と私。

モノクロコピーを渡されても、カラーバリエーションのこともあるので、わからないんじゃないかしとも話しをしました。すると、

「Iホームさんから、どんな話をお聞きになってますか・・・」

と、トンチンカンな答え。ああ、こいつ、私が聞きたい意図が全然わかってないな。とうとう頭にきたので、


「まあ、いいですわ!! (-_-メ)」(語気を強めに)


といって帰りました。真剣に聞きたい私たちに、こんな対応ではダメですね。どんな商売してんだろう、M社は。頭にきたんで実名で出したかったですが、あえて大人の対応としてM社としておきます。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

にほんブログ村 住まいブログへ

banner2.gif

ランキングに参加しています。
ポチッとしていただけますとうれしいです。




posted by naochan at 23:42| Comment(2) | TrackBack(0) | キッチン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。