2008年04月29日

素材選び

先日のIホームでは、決めることばかりで大変でした。次回は外観の提案があるとは聞いていたものの、まさか、あんなに即決しないといけないとは・・・。ほんと想定外でした。決め事を書き出してみると、以下のとおりです。

●破風
●軒天
●外観のカラー
●サッシのカラー
●玄関
●玄関タイル
●室内のフローリングのカラー
●巾木のカラー
●廻り縁
●建具
●レバーハンドル
●畳
●畳へり
●ふすま

「わんこそば」のように、つぎからつぎへと、差し出されるワケでして。そんな今すぐ決めろっていわれても決められないですよ。だって、服を買うときですら、悩みに悩むんですから。

そうはいっても、今決めないといけない雰囲気。仕方がないので、つぎつぎと決めていきます。うん千万円もする買い物を、こんなに簡単に決めていいもんだろうか・・・。

Image005~01.jpg
これが我が家の外観カラーです

まあ実際問題、次回の宿題になったとしても、サンプルは持ち帰れないし、優柔不断な私にはいいのかもしれません。「変えたいと思われるなら、次回にでもいってください」と営業マンはいうけれど、サンプルがないのでそんなことできっこないですよね。

いまさらですが家を建てるときは、イメージボードのようなものを作っておくべきなんでしょうね。外観や内装など、こんな色のトーンにしたいとか、前もって決めておけば、HMにも伝わりやすいですし。

なんだかんだで終了したのが5時すぎ。午後2時からはじまったので約3時間ほど話しをしたことになります。おかげで子どもたちはグズってしまい、お菓子でごまかしてたんですが、ネタぎれになってしまい大変でした。

結局、玄関は決めきれず、カタログを貸してもらうことに。さらに照明器具も、次回まで決めなくてはならず、分厚いカタログを渡されました。照明に関しては、カタログだけでは明るさがわからないので、ぜひショールームにいきたいと思ってます。でも、これが名古屋にしかないんですね・・・。




最後までお読みいただき、ありがとうございます。

にほんブログ村 住まいブログへ

banner2.gif

ランキングに参加しています。
ポチッとしていただけますとうれしいです。



posted by naochan at 01:59| Comment(5) | TrackBack(0) | クロスなど素材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月21日

クロス(内装)選び

いやー、びっくりしました!!このブログを書く4時間ほど前に、うちの近所で火事があったんですよ。それも4、5件ほど離れた場所。うちの部屋から火事が間近に見えたんですね。それは、ものすごい炎だったんです。嫁さんの話では、高齢のお年寄りの方が住んでいるお家とか。その後、燃え広がることもなく、消火されましたが、住人の方は大丈夫だったのかなって心配です。

一所懸命建てた家が、ローンを残して燃えてしまうなんて・・・。家づくりを進めている身には、火災って心底怖く感じました。

さて、気を取り直して、今日は「クロス(内装サンプル)」について書きたいと思います。昨日はIホームからクロスの提案があり、図面とサンプルをもらいました。

kuroszen.jpg
これがクロスの指示が書いてある図面

kurosichi.jpg
こんな感じに詳細なことが記入されてます。

さっそくその夜に嫁さんと話をしたのですが・・・。「正直、よくわからないなー」というのが感想です。インテリアのプロでない私たちに、このクロスの組み合わせがいいかどうかは、判断がつきにくいですね。(夫婦ともO型で大雑把だし・・笑)。

おかげで昨夜は、深夜3時くらいまで話をしたものの決着つかず。そして、今夜も先ほどまで話をしていました。

クロスの見本というのは分厚いものでして、私たちがもらったものは「織物調スタイリッシュ」「織物調ナチュラル」「石目調」「パターン」「和調」の4カテゴリーに分けられています。

kabe.jpg
こんな分厚いクロスの見本

見本をくまなく見てみると、ザラついたもの、白っぽいもの、パターンの繰り返しのものなど、種類も豊富。でも、その一つひとつは、ほんと微妙な差なんですよね。だから判断がつきにくい!! 


そこで嫁さんの提案で、夫婦同意で「趣味じゃない」ものを削っていくことにしました。その上で残ったクロスから選んでいくことにしました。前夜のあーでもない、こーでもない、といっていたことを考えると、これがなかなか上手くいきました。

kabeichi.jpg
ポストイットでチェックしていきました。

そうして各部屋の壁クロスを決めれば、あとは洗面所、トイレ、和室です。和室はクロスの種類が少ないこともあり、すんなり決定。残る洗面所、トイレが悩みましたね。ここは壁だけでなく、床も考えないといけませんから。微妙な差のなかで、組み合わせを練っていったんです。

yuka.jpg
床のサンプルもこんなに分厚い。

そこで気づいたものは、見本を手元で見ていると、離れて見るのとでは、印象が違うこと。近くでは色が濃く見えたものが、遠めではほどよい色合いに見えたり。嫁さんと交互に見本をもって、離れて見ながら決めていきました。

こうしてなんとか、決着がついワケでして。ふーっ、疲れた。こうした作業は大変ですけど、最終のわが家をイメージしながらだと結構、楽しかったりします。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

にほんブログ村 住まいブログへ

banner2.gif

ランキングに参加しています。
ポチッとしていただけますとうれしいです。



ラベル:注文住宅
posted by naochan at 02:07| Comment(2) | TrackBack(0) | クロスなど素材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。